softmedi

京都の美容皮膚科 山本クリニック「ソフトメディ」

お問い合わせ

いますぐご予約

不死化ベビーサイトカイン点滴Cytokine
幹細胞で美魔女を超えてティーンエイジャーの若さを手に入れませんか? 不死化ベビーサイトカイン点滴 山本クリニックのベビーサイトカイン点滴はティーンエイジャーの若さを目指した不死化歯髄幹細胞培培養上による体内からのエイジングケアです。

ベビーサイトカイン点滴とは

ベビーサイトカイン点滴で使用する幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した際に生じる上澄み液のことを言い、サイトカイン(成長因子)やタンパク質といった、美容・健康にとって大切な成分が多数含まれている成分です。特にサイトカイン(成長因子)は、細胞が活性化する際に必要な情報伝達物質が豊富に含有されており、細胞の成長や修復を促進させる役割を持っています。
幹細胞培養上清液には様々な種類がありますが、当院ではその中でも、成長を促す成長因子が特に豊富に含まれている赤ちゃんの乳歯から採取した上清液を使用しています。

細胞は分離、廃棄、サイトカインのみを濃縮。細胞を含まないため、投与後の免疫拒絶、癌化の恐れはありません。

日本人ドナーのシングルセル、一貫して国内技術・製造

不死化ベビーサイトカインとは

ベビーサイトカイン点滴(ヒト乳歯髄幹細胞培養上清点滴)は、老化などで機能が低下した細胞の回復を促進し、細胞から体を若返らせることができます。
さらに不死化ベビーサイトカイン点滴は高純度未加工のオーガニック性完全体なので従来の幹細胞点滴よりも効果が高く、副作用が全くない治療法です。

一般に体外での幹細胞培養では通常1ヶ月ほどでその細胞殖は停止するため採取できる培養上清はごく微量であること、医薬や化粧品としての製品化には大量に必要とするのですが、そのためには多くの人から幹細胞を採取しなければなりません。多くの人ということは、ひとそれぞれ遺伝子が異なる訳ですから成分として規格化するのは不可能と考えられていました。 弊社はこの幹細胞の不老不死化技術によって成長因子群の均質なクオリティーコントロールを可能にし、大量生産への道を切り開き、特許として国内外で権利化されました。 (Cysay™ 商標登録)

たったひとつの不死化ヒト歯髄幹細胞は
無限に増殖する命を与えられたため、
理論上地球の全人口に投与できる能力を生み出したのです。

ヒト歯髄からの幹細胞のメリット

ヒトの体性幹細胞が産み出す幹細胞培養上清が再生医療研が明確にあります。

理由 1

ヒト歯髄幹細胞を選ぶ

他の幹細胞より圧倒的に多くの成長因子/サイトカインの量と種類を含みます。

理由 2

成長期の幼児の脱落前乳歯を選ぶ

幹細胞にも老化があり衰えます。日々成長する幼児の生命力を秘めているため増殖するパワーが違います。

理由 3

チャンピオン幹細胞を選別、不老不死化する

数万に及ぶ幹細胞中、最も発現力の高い幹細胞を不老不死化することによって最強成分を半永久的に産み出します。

理由 4

同じ遺伝子をもつ幹細胞から発現する上清液であるため
均質成分として安定生産を可能にした

均質であることからそのまま完全体として製品化しています。大腸菌培養法などによるEGFやFGFといった一部を抽出する他社とは異なり、全成分をそのままに再生因子として独自のパワーを秘めているのが最大の強みです。生物製剤の課題はその遺伝子が異なるため、品質がバラバラで安心して使っていただける製品にはなり得ません。それを可能にしたのが国際特許である弊社の不死化技術です。

究においてIPS細胞による外科手術と双璧をなすものと
様々な医療研究機関で進められています。
おそらく普及は培養上清のほうが進んでいます。
私たちのCysayは、今までの幹細胞培養液の課題を
超越した製品として選ぶ理由

ベビーサイトカイン点滴
(ヒト乳歯髄幹細胞培養上清点滴)の施術

細胞の成長・修復を促す幹細胞培養上清液

幹細胞は、人間の身体を構成する各種細胞を蘇生させたり、怪我や病気などで欠損した細胞を補充する能力を持つ、いわば「細胞を生み出す元となる細胞」です。細胞には分裂する機能がありますが、幹細胞の場合、自身と同じ能力をもつ細胞に分化する(自己複製能)ことも可能ですし、身体の構成要素である皮膚、血液、骨などの他の細胞に分裂する(分化能)ことも可能です。このような特殊な能力をもつ幹細胞は、生まれた時には体内に100億個以上存在するものの、年齢とともに減少し、60代前後ではたった2億個しかなくなってしまいます。幹細胞培養上清液点滴は、このような加齢とともに次第に体内から現象する幹細胞の機能を後押しすべく、点滴によって細胞の成長・修復を促進させる役割のあるサイトカイン(成長因子)を投与する、昨今注目されている再生療法の一つです。

再生医療の選択肢

サイトカイン(成長因子)が
特に豊富な乳歯由来の上清液

ベビーサイトカイン点滴では、乳歯由来の歯髄幹細胞培養上清液を点滴によって体内に注入します。幹細胞培養上清液には臍帯由来、脂肪由来、骨髄由来など様々な種類がありますが、当院ではその中でも、乳歯髄幹細胞培養上清液を使用しています。歯髄幹細胞は硬い歯の外側(エナメル質・象牙質)に守られており、またか各種上清液の中でもタンパク質が豊富であると報告されています。乳歯由来幹細胞培養上清液は子供から大人までどなたにも存在していますが、乳幼児のほうがサイトカイン(成長因子)が多いため、乳歯を使用しています。

培養液 幹細胞ソースによる違い

歯髄幹細胞培養上清で効果が期待できる疾患

♦少なくとも動物モデルでの有効性が学会で報告されている疾患♦

・脳梗塞・多発性硬化症・低酸素虚血性脳症・パーキンソン病・アルツハイマー型認知症・末梢神経障害・虚血性心疾患・間質性肺炎・脊髄損傷・劇症肝炎・慢性肝炎・肝硬変・創傷治癒・アレルギー性皮膚炎・脱毛症・糖尿病・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害・骨欠損・関節炎・歯周病・骨粗しょう症・血管回復・白髪軽減・器官組織回復・運動機能回復・免疫機能回復・自律神経調整

歯髄幹細胞培養上清の薬理作用

再生因子は多彩な生理活性物質であり、作用機序や機能を説明するのは容易ではありません。しかし要約すると次の4機能に集約されます。

  • 炎症を抑える機能
  • 炎症で傷ついた細胞を保護する機能
  • 体の中に存在している幹細胞を誘導する機能
  • 新たな血管をつくる機能

従来の薬剤で、上記4機能を全て持つものはありません。いずれが欠けても組織や臓器の再生はできません。

身体の内面・外面のエイジングケアが期待できる治療

ベビーサイトカイン点滴は、身体の様々な細胞の成長・修復に必要といわれるサイトカイン(成長因子)やタンパク質を点滴によって血中へダイレクトに注入する治療です。施術によって、しみ、しわの改善、肌のハリ・ツヤ感アップ、美肌・美白効果、ニキビ、毛穴の黒ずみなどの改善、毛髪のコシ・ハリ感アップ、更年期症状の緩和、ストレスやうつの緩和、免疫力アップといった効果が期待されます。外見だけではなく内面も含め、様々な身体の不調を改善する治療法として注目されています。

体内からの再生(点滴、静脈内注射、サプリメント)

血流とともに循環、細胞間シグナル分子が
修復すべき局所に幹細胞や免疫細胞などを集め増強する。

歯髄幹細胞培養上清中のサイトカイン(作用別)

抗アポトーシス

・ANG ・IGFBP-1 ・PlGF
・BDNF ・Insulin ・SCF
・EG-VEGF ・MMP-9 ・TIMP-1
・GDF-15 ・NCAM-1 ・VEGF-A
・GDNF ・NID-1 ・VEGF-C
・Growth Hormone ・NRG1
・HGF ・Osteopontin

神経保護

・ANG ・HGF ・Osteopontin
・BDNF ・Insulin ・PlGF
・EG-VEGF ・MMP-9 ・SCF
・GDF-15 ・NCAM-1 ・TIMP-1
・GDNF ・NID-1 ・VEGF-A
・Growth Hormone ・NRG1 ・VEGF-C

肺上皮の再生促進

・KGF

血管新生

・ANG ・Insulin ・PlGF
・EG-VEGF ・NCAM-1 ・SCF
・GDF-15 ・NID-1 ・VEGF
・Growth Hormone ・NRG1 ・VEGF-A
・HGF ・Osteopontin ・VEGF-C

抗破骨細胞形成

・OPG

軸索伸長促進

・Decorin ・NrCAM ・TACE
・MMP-2 ・Osteopontin ・TIMP-2
・MMP-3 ・SCF

肝臓細胞保護

・HGF ・SCF ・SCF
・IGFBP-1 ・TIMP-1 ・TIMP-1

肝幹細胞増殖促進

・FGF-7 ・HGF ・SCF

抗炎症

・GDF-15 ・IL-6 ・IL-29
・IGF-1 ・IL-10 ・MCP-1
・IL-1Ra ・IL-22 ・Siglec-9
・IL-4 ・IL-28A ・TGF-β

免疫抑制

・Furin ・HGF ・IL-22

抗線維化

・DKK-1 ・Follistatin ・HGF

マクロファージ性状制御

・ED-siglec-9 ・IL-4 ・MCP-1
・IGF-1 ・IL-6 ・Siglec-9
・IL-1Ra ・IL-10

ミクログリア性状制御

・GDNF ・IL-6
・HGF ・MCP-1

30分程度で終了、ダウンタイムもほぼなし

ベビーサイトカイン点滴は、個人差はあるものの30分程度で終了する施術です。
また点滴による施術のためダウンタイムはほぼなく、施術後は通常通りの日常生活を送っていただくことができます。効果をよりしっかりと実感していただくためには2週に1回程度のペースで5回以上の施術を行うことをお勧めしています。

FROW

  1. STEP01

    カウンセリングを行います。患者様の気になる症状や悩みなどをお伺いし、推奨する点滴回数やペースなどをご提案させていただきます。

  2. STEP02

    ベッドへご案内しベビーサイトカイン点滴を行います。点滴は30分程度で施術が完了することが多いです。

  3. STEP03

    止血を確認し施術終了です。ベビーサイトカイン点滴は基本的に特別なアフターケアなどは必要ありませんのでそのままお帰りいただけます。

リスク・副作用

ベビーサイトカイン点滴は基本的にはリスクや副作用はほとんどありませんが、ヒト由来の成分注入のため、施術以降は献血ができなくなります。ごくまれに、点滴による感染症や神経損傷が生じることが報告されています。

再生因子のヒト臨床での安全性

数千例のヒト投与で、有害事象は報告されていません。

■肝機能障害の改善(点滴/点鼻)
■頚椎症や坐骨神経痛による神経痛の改善(点滴/点鼻)
■脳梗塞急性期・亜急性期から再生因子を投与することで通常より短期間で良好な回復(毎日点鼻)
■不眠症の改善(点滴/点鼻)
■ギラン・バレー症候群の後遺症の改善(毎日点鼻)
■乾癬(点滴/点鼻)・アトピー性皮膚炎(幹部に塗布)の改善
■疲労回復(点滴/点鼻)、体温上昇(点滴/点鼻)
■疲れやすさ、肩こりなどの改善(点滴/点鼻)

■アルツハイマー 医師によれば、改善効果を発揮し、良い成績がでているとの事。
■糖尿病、糖尿病性腎障害、糖尿病性神経障害
(当社による臨床試験)糖尿病(毎日点鼻)、糖尿病性末梢神経障害(点滴/点鼻)、糖尿病性腎症(毎日点鼻)の改善
南東北病院、東京クリニック、百合丘病院で133例実施済み。糖尿病には、歯髄由来は神経障害に、脂肪由来は腎臓障害に良いとの医師意見あり。
■間質性肺炎 徳島大学医師より効果あるとの発表あり。
■くも膜下出血 11例症例あり。
■脳梗塞(特許出願書類記載あり)
徳島大学医師によれば、中枢性神経症状に特に効果あり。埼玉大学医師によれば、脳梗塞の慢性期の方が適しているとのこと。
■肝硬変・劇症肝炎、肝繊維症: 徳島大学医師による劇症肝炎に効果あるとの発表あり。
■癌(特許出願書類記載あり): 癌治療後の2例に NK細胞培養上清を使い、再発予防したケース報告あり。腫瘍マーカーが改善。マウスで固形癌が治ったとの実施例あり。
■関節リウマチ: 徳島大学医師より効果あるとの発表あり。
■円形脱毛症: 再生因子シート:当社が特許出願済み。
■脊髄損傷: 学会にて、効果あるとの発言あり。 
■歯周病(特許出願書類に記載あり)
■骨再生(特許出願書類に記載あり): インプラント。骨再生能あり。

〈参照:再生因子による再生医療の臨床研究について 照沼裕先生より〉

ダウンタイム・術後について

Aftercare
ベビーサイトカイン点滴は、個人差はあるもののダウンタイムはほとんどないことが多いです。術後に注入部位に赤み、傷みや内出血が生じることがありますが、通常は数日程度で改善します。

リスク・副作用

初回¥30,000 (税込み ¥33,000)、通常¥60,000 (税込み ¥66,000)

Q&A

ベビーサイトカイン点滴は
どの程度の頻度で受けるのが良いでしょうか

ベビーサイトカイン点滴は、1度の施術でも効果が期待できますが、初めは2週間に1回程度の間隔で受けていただくと、より効果を実感しやすくなります。また、ほとんどの患者様は、徐々に間隔を空けていき、その後は1ヶ月に1回程度のペースで施術を受けられることが多いです。

ベビーサイトカイン点滴に痛みはありますか?

ベビーサイトカイン点滴は、点滴の針を刺す瞬間にチクっと多少の痛みを感じる場合があります。しかし痛みを感じるのは一瞬ですので、多くの方が我慢できる程度です。なお点滴中にも痛みを感じる場合は、点滴の速度を調整するなどで対応いたしますので、スタッフにお申し出ください

ベビーサイトカイン点滴の
施術後に注意する点はありますか?

ベビーサイトカイン点滴はダウンタイムが少ない点が特徴の施術で、施術当日から入浴やメイク、洗顔といった日常生活を送ることが可能です。ただし、血行が促進される運動や長時間のサウナ、飲酒、また注入部位へのマッサージなどはお控えください。

施術における注意点

ベビーサイトカイン点滴は、まれに体質やアレルギーなどによって、施術をお受けいただけない場合があります。カウンセリングの際に患者様のお身体の状態などをお伺いさせていただき、医師がベビーサイトカイン点滴の施術が適しているかを判断いたしますので、まずは一度ご相談ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください

pagetop